日本で認可されている3種類のED治療薬

トップページ
お気に入りに追加
  

日本で認可されている3種類のED治療薬

ED治療薬は勃起を妨げる働きをする酵素の働きを阻害することによって陰茎の血管を拡張させ、海綿体への血液の流れを促進して勃起力を高める効果を持つ医薬品です。

現在日本で認可されているED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。

 

バイアグラは効果が表れるのが比較的早く飲んでから30分くらい効き始め、効果は5~6時間程度持続します。

バイアグラの効果をあげるためには、空腹時に服用をする必要があるので、使用する前に食事を摂ったりお酒を飲んだりするのを避けなければなりません。

 

レビトラは飲んでから15分くらいで効果が表れるという、即効性を持っています。

レビトラもバイアグラと同じように効果は5~6時間持続しますが、バイアグラほど食事に影響されません。

ですからレビトラならば、パートナーと軽く食事やお酒を楽しんでから使用しても効果が期待できるのです。

 

シアリスは飲んでから1~2時間程度で効き目が出始め、効果が24時間から36時間と長時間持続します。

またシアリスは食事による影響をほとんど受けないので、飲んでから自由に飲食をすることができます。

 

土曜日の朝パートナーと出かける前に飲んでおくと、週末の間中効果が続くので、欧米では週末に利用する人が多いED治療薬です。

 

ED治療薬はいずれも血管を拡張して血液の流れを促進するため、顔のほてりや目の充血、動悸や鼻づまりなどの副作用が現れることがあります。

ED治療薬は医薬品なので、医師の処方に従って服用することが大切です。