遅漏男子の救世主はあのグッズだった

トップページ
お気に入りに追加
  

遅漏男子の救世主はあのグッズだった

非常にデリケートな問題であるパートナーとの性交では男性側の射精のタイミングも重要です。

早漏の悩みばかりが目立ちがちですが、密かに遅漏に悩む男性も多いです。射精までの時間が長く楽しめていいという事はありません。

 

射精が遅いと挿入された側が摩擦で痛みを感じたりします。

女性からすると前戯が長い男性は愛されていると感じられても、射精までが長い遅漏の男性との性交は体が疲れてしまうのです。

 

つまり射精が本人の意思に反して遅れてしまう遅漏はパートナーとの良好なセックスライフに問題を来たします。

 

多く指摘される遅漏の原因がオナニーのし過ぎです。

強く握ったり刺激の強いオナニーが習慣化していたり、行う回数が多いと性交時に膣内でペニスに与えられる刺激が物足りなくなりイキたくてもイケない、遅漏が起きてしまいます。

 

これはオナニーのやり方を見直したり回数自体を減らすと改善されます。

リラックスした心身の状態で、手ではなくオナホールを用いたオナニーを一回の時間をかけて三日に一度ほどの頻度で行うようにしましょう。

これらはオナニートレーニングと言われています。

 

また精神的な疲れや日常の慢性的なストレス、過度の緊張下の性交でも遅漏が起こることがあります。

この場合は無理に性交を続けようとせず、キスなどのスキンシップやペッティングなどにしましょう。

 

精神的な問題は専門医の相談を受けた方がいいです。

放置するとその内まったくペニスが反応しなくなるEDになる可能性もあります。

 

また過度のアルコール摂取もペニスの感覚を鈍らせます。

性交の前には飲酒は控えるように注意しましょう。

 

遅漏の簡単な改善方法として、挿入をギリギリまで行わないといった工夫も効果があります。

我慢できなくなる直前までパートナーとの前戯で気持ちと体を高めましょう。