切らない包茎手術のタイプや利点について

トップページ
お気に入りに追加
  

切らない包茎手術のタイプや利点について

包茎手術は一般的に切る手術を行う事になりますが、中には切らない包茎手術もあり、特殊な医療用の糸を使ったり、接着剤、亀頭増大等のアプローチで切らずに手術可能です。

切らない包茎手術で治療出来るのは、軽度の仮性包茎であり、皮を被ったままの真性包茎や、皮が戻らなくなるカントン包茎では対応出来ないですし、皮余りの大きな重度の仮性包茎でも切らない手術では太刀打ちできません。

 

切らない手術は短時間で行える事や、心身への負担を小さく出来る利点がありますし、切らずに治療出来るならば切らずに行う事は安全です。

手術時にどういったタイプの方法が望ましいのかは人によって違いますし、医師によっても判断に違いがありますから、こういう判断は複数のクリニックにカウンセリングチェックしてもらうと良いものです。

 

3つ程のクリニックを選択して、それぞれのクリニックでどういう判断されるかを確認し、それによって手術のタイプを選択すると納得のいく治療を行えます。

無料で相談出来ますから、まずは専門知識を持った方の判断を仰ぎ、その上で切らない包茎が出来るならば切らずに行い、また、同じ切らない手術でも医師によって薦めてくる治療法が違う事もあるので、複数の方に相談した方が安全です。

 

真性包茎にしてもカントン包茎にしてもそのままでは性交渉や健康面に悪影響があり、保険適用で早急に手術が必要ですが、切らない包茎手術で治療出来る場合は保険適用されないタイプになります。