仕上がりを重視したい方の包茎治療法とは

トップページ
お気に入りに追加
  

仕上がりを重視したい方の包茎治療法とは

真性包茎は常に包皮がかぶっている状態で不潔になりやすいです。
雑菌が繁殖して臭いの元になることがあります。

 

カントン包茎は包皮口が狭くて亀頭が圧迫されうっ血してしまうことがあります。
手で包皮をめくると痛くて元に戻せなくなったり、包皮が裂けてしまうことがあります。

 

こういった状況のときは包茎を治したいと思われている男性の方は多いと思います。

 

しかしクリニックで包茎手術を担当するドクターの技量によって、導入している包茎治療法によって仕上がりに差が出てくるので、クリニック選びは大切です。
傷跡が目立たずにきれいな仕上がりを重視したい方は複合曲線作図法という術式を採用しているクリニックがおすすめです。

 

この術式では裏スジの包皮小帯を残しながら、亀頭近くの位置で包皮を切除しているのが特徴です。

亀頭のカリの部分に手術跡が隠れるので目立たないです。

 

ただ直線的なラインで切除するより仕上がりがきれいになるのが一番の魅力です。
さらに敏感な部位である裏スジの包皮小帯の機能はそのままです。
止血しながら手術することも可能で出血も少ない、糸が自然に体に吸収される美容形成用の糸を使用しているので抜糸の必要が無いなど様々なメリットがあります。

 

その代わりに他の術式と比べると手術時間が長めです。
現在導入しているクリニックが少なく、そのクリニックに行くしか受けられないと言うデメリットがあります。

 

上野クリニックが有名ですが、全国展開してくるクリニックですのでお近くにあるか探してみて下さい。